2006年11月29日

選挙戦略の上手い自民党

/造反組みの11名が、復党/

来年の選挙を勝利する為の今回の復党問題

阿部総理も就任後最初の大きなイベントである来夏の参院選を絶対に勝利する為の作戦

前回の小泉総理の郵政民営化を焦点にした選挙で圧勝した自民党
小泉総理の選挙戦略は、見事に成功した

しかし、今回の阿部総理の選挙戦略は、果たして成功するのか?

国民からは、当然批判の声も出ている

イメージとしては決して良くない戦法だと思いますね。

それよりも党内、特に造反組みの対抗者として選出された人たちの心境は、いいものではないのは確かでしょう。

もし自分が、その立場だったら、私は、“都合のいい駒”か!?と思うでしょう。
用が済んだら、さようなら?あとは、知りません??

そんなことをしたら、企業であれば、内部崩壊は間違い無し!
まぁ、トップが替われば方針も変わるのは、仕方が無いと言えざるもないが・・・

でもこのようなことをしている自民党に私は、来年の参院選でも投票しませんね。

自分達の都合の良いように、相手の弱みに漬け込むようなことをする党が、国民のことを考え、日本を良くしていこうと全身全霊をかけて仕事をしてくれるとは思えないよ

本当に選挙で投票したいと思える人が出馬してくれることを心から望みます!
よっぽど一般企業の活躍している社長さんのほうが、日本の政治を担う人として適任な人は多いと思う。
posted by 毒舌王 at 10:10| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。